--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_06
21
(Thu)14:22

はじめてのラグナロクオンライン(ノービス編)


今からご紹介する文章は2003年11月6日に書かれた自分の体験記です。
私がラグナを始めたのが2003年8月8日くらいだったと思うので結構古い内容となっております。
こんな時代もあったなぁとシミジミ!
ちなみに本文は4500文字を超える超長文です・・・Σ
スクリンショットはマジになった後の時のもの。SCが全部雷魔法とか今思うと可笑しいb

☆はじめに☆
この冒険記は私が始めてROで遊んだときの冒険記です。
今、思い起こすとなんでこんなことがわからなかったんだろう?
とか、いっぱいいっぱいおかしいところがありますけど、懐かしい思い出です♪
ではでは、始まりますね〜!

【とある冒険者の冒険記】

○プロローグ○
これからお話するのは私がノービス時代の時のお話です。
ラグナロクオンラインが有名なネットRPGと言う事を聞いていたのでネットカフェで
1日だけ体験してみようと思い始めたのがきっかけでした。
私は、いろいろ手続きをし、いざ、ROの世界へ・・・。
ノービス時代
1:初心者訓練所♪
気付くと、私は初心者訓練所の入り口に立っていた。
私はアーチャーになりたくて、家をでたのはつい先程の事。
初心者訓練所は何かの砦のように大きめでこれから始まる冒険にワクワクしながら
私は、訓練所の扉をたたいた。

扉を叩いて中に入るとそこは結構広くて何人か私と同じようなノビさんがいて
いろいろ教官の人に話し掛けているのが見えた。
私も、教官の人に話し掛ければいいんだな〜!と思い、話し掛けた。
話し掛けると教官の人はなんだかこの世界の生き方をいろいろと教えてくれるんだけど
F12でスキル欄が開けてInsertキーで座る。とかいわれても何のことだかさっぱりわからなかった。
Insertキーも押してみたけど、座れない!座れないですよ。教官さん!
やっぱり何でもやってみないとねと思い、教官の話は後回しにする事にした。

そして、進んだのは第二訓練所!
なんと、ここではモンスターと戦う!とかいうじゃありませんか!
初♪モンスターとの戦闘!
一体、どんなのがでてくるんだろうとちょっとドキドキしながら先に進む。
っと、そこには!?

そこにいたのは緑色の小さな虫!ファブルという名のその虫達はこっちに群がってくる。
そして・・・。
2ダメージ!
緑色の小さな虫は攻撃してきた!しかもあっちこっちからどんどんどんどん沸いてきてきりがない!
このままでは死んでしまう!
とっさにそう判断した私は、いったん中心の橋のところに待機。
どうやらここはファブルの姿があまり見えず、休憩できそうだ。
しばらく休憩していると今まで受けていた怪我が治っていくのがわかった。
全快したころを見計らって私は、先ほどのファブルのところに行き、
攻撃を仕掛けてみた!

何回か攻撃をしているとファブルを倒す事ができた!
私は嬉しかったので、ファブルが複数で襲ってこないように逃げながら1匹ずつ誘導して倒し始めた。
すると、そのうち・・・。
天使が現れたような気がした。
レベルアップだw
どうやらステータスをアップさせることが出来るらしいw
何を上げようかな〜と迷っていたけれど、アーチャーはDEXが必要と聞いた事があるのでとりあえず、DEXに振っておく。
そして、もう少しここで練習しておいた方がいいかな?
と、思い、レベルを5まで上げておいた。
今、思うとなんでそこまでできたのか謎だけど、この時はファブルを狩るのに夢中で気付くとそんなレベルになっていた。
そろそろいいかな?と思い、私は北に向かった。

北に向かうとまた門があってその中に入ると今度はいろいろ質問する人が立っていた。
私の質問に答えてくださいね〜♪っていうから次々、なんにも考えないで答えていった。
そして、最後に・・・。
「あなたにぴったしの職業は『マジシャン』ですね♪」
と言われたの。
(えぇ〜!?マジシャン!?そんなの考えてもいなかった!(>_<)う〜ん。でも私はアーチャーがやりたいんだよなぁ・・・。
けど、マジシャンっていったら魔法使いかぁ・・・。魔法使いも強そうだなぁ・・・。う〜ん。う〜ん。)
しばらく悩んだ末、マジシャンがぴったしって言われたんだからマジシャンにしちゃえw
と思い、マジシャンを選択♪
そのままゲフェンに飛ばされたのでしたw

2.魔法使いの故郷 ゲフェン
ゲフェンに飛ばされた私!
ここに飛ばされても何をしていいのかさ〜っぱりわからない!
とりあえず、町を歩いてみようと思い、歩き始めるw
すると!そこにはモンスターがッ!!
今、思うとただのテロなんだけど、この時は町の中にモンスターがいるなんて物騒だなぁと思っていました。(笑
モンスターと戦っていて倒している冒険者の姿を見て、近寄っていく!
そして、観察♪しばらくすると戦っていた中の一人がモンスターを倒す!
そのとき初めて、モンスターを倒した現場をみた私は「かっこい〜!」と声をあげていたのでした!
かっこいー!というと、テロを行なっていた人の一人が「がんば〜!」って声をかけてくれました!
なんだか嬉しくてがんばろーって気になったのでした♪
けど、町の中にモンスターがいる!というのは予想外だったのでモンスターがいないか確認しながら歩いていたのが懐かしいw
しばらくすると、人通りが多い場所にたどり着きました!
そこはゲフェンダンジョンの塔の前。
みんな、塔に入っていったので、ノビの私もはいってみる。
そして、地下へ・・・。
地下へ降りると毒キノコにやられました!
もちろん、即死!
降りたとたんだったのでなにがおこったのかさっぱり分からなかった。
ただ、周りにいた人が
「ノビには?!」とか「○○さんでもここで倒れたんだから〜」
という声が聞こえてきて、これは自分のことかなと思いつつ、退散するのでした。
そして、ゲフェンをぐるぐる回っていたとき、初心者訓練所の人がマジになるには魔術士ギルドに行きなさい!と教えてくれていたのを思い出しました。
で、道案内のNPCに話を聞いて魔術師ギルドへと到着するのでした。

3.マジシャンへの道
魔術士ギルドに入るとそこには何人かの人が話し合っていました。
(このとき、魔術士ギルドにいた人結構多かった♪)
私は、ぐるっと回って魔術師の先生に話し掛ける。
そこで、マジシャンになる方法を聞き、でかけようとしたところ、近くにいた人が空の試験管を落としました。(ポイって投げ捨て)
それを見た私は、落としたマジさんに話し掛けるのでした。
私「今、持ち物落としましたよ!」
すると、そのマジさんは落としたものを拾ってGOODの絵文字を出してくれたのでした。
私「魔法使いの方ですか〜?」
私は、そのマジさんに話し掛けました。
すると、マジさんも私の話しに耳を傾けてくれました。
そればかりか、気付くと近くにいたもう一人のマジさん、そしてペコに乗ったナイトさんも会話に加わり、私が、「今から転職までレベルを上げに行く♪」というと、ナイトさんが「では、転職まで壁をしましょうか!」と言ってくれて、さらに、マジさん2人も私のレベルあげに付き合ってくれることになりました。
では、早速出発〜♪ってことで、ナイトさんから強い短剣をお借りし、ゲフェン→マップに行くのでした!

ゲフェンをでるとそこには様々なモンスターがいました!
ナイトさんはプロボックで敵のタゲをとり、マジさん(SAさん)はナイトさんの近くで見学、マジさん(ARさん)はPTに入っているものの同じマップ内で単独で狩りを、私はナイトさんがタゲとりしてくれた敵を攻撃する!
はずだったのですが・・・!?

壁っていうのがどんなものかも知らない私は、ナイトさんがタゲ取ってくれるのに気付かず近くのモンスターに切りかかる!
私「やー!」
→チョンチョン
バコバコ!ドテッ!
すぐさま私は倒れました!!

すると、一緒に冒険をしてくれた3人がショックの絵文字をだす!
で、ナイトさんがイグ葉を使ってくれて、ノビの私を起こしてくれる!
(でも、この時はイグ葉の存在を知らなかったので、ナイトって職業は「リザレクション」を使えるものだと思っていた♪)
私「ありがとうございます^^」
ナイトさん「今のハエは強いよ!気をつけてね。」
私「はい!」
そして、また狩りに戻るのでした。
今度は、ナイトさんがプロボックしてタゲをとってくれた敵を倒し始める!
ポリンやカタツムリ、ハエ、いろんな敵をどんどん倒して、みるみるレベルが上がっていきました!
ナイトさん、マジ(SA)さんはいろいろ話ながら私の狩りを見ていてくれました。マジ(AR)さんはソロで狩りをしていて、あるとき、ファイアーウォールを覚えた!と行って見せてくれたのが今でも、印象的です♪
そして、ある程度レベルが上がりゲフェンに帰ろうということになりました♪

途中、歩いていくとさっきまでプロボックでタゲとってもらったときに倒せたカタツムリがw
チャレンジしてみようw
私は、まだナイトさんがタゲをとっていないのに切りかかりました!
私「てやー!」
→アンバーナイト
バコッ!バコッ!バキバキ!ドテッ!


一瞬の出来事でした(笑


またまた、ナイトさんがやってきて私にイグ葉を使ってくれる!
私「何度もすみません><」
ナイトさん「今のカタツムリは単独では無理だから、必ず、こっちでタゲとってから攻撃してね。」
私「はい><」

二度の単独行動で痛い目を見た私♪ハエとカタツムリは強いと頭に刻み、その後もレベル上がるまで手伝っていただき、ゲフェンへと戻りました♪

ゲフェンへ戻ってきた私達。
ゲフェンに戻る途中、この世界の事をいろいろ教えてもらいました。。
と、いってもすぐに覚える!っていうのはムリでちょっとずつ覚えていく事にしたのでした!
このとき、一番難しかったのはエモの出し方!難しかった〜!(笑)


早速、魔術士ギルドに行き転職する時のお姉さんに話し掛けるw
魔術士ギルドのお姉さん「マジシャンになるには試験が必要です!本棚があるのでそこで調べて調合薬を調合してください!」

私「はい!本棚ですね!」
私は、本棚の所に行って、転職に必要な本を読み上げるのでした。
そして、調合も成功し、それを魔術士ギルドのお姉さんに渡し、私は晴れてマジシャンに就くことができたのでした♪

今まで壁をしてくれた3人は転職を祝ってくれました!
嬉しかった私は、めいいっぱいみんなに感謝の言葉を伝えました!
アイテムを返してお別れの時です!
そして、その後、
ナイトさんはキャラクターチェンジで商人さんへ。
私は残りのマジさん2人とポリン島へ行く事になったのでした!

と、いうことで私のノビ時代のお話はここで終わり♪

C.O.M.M.E.N.T

幽霊さん

すごい時代に生まれましたねw
そういう時代もあったんですね!

私は、一番最初のマジが氷雷マジだったのでああいう配置に(笑)
幽霊さんも雷魔法専科でしたかっ!
スポアを狩り続けてレベル上げるっていうのもすごいですねw
グラさんをはじめて誘った日の思い出は確かに恥ずかしいかもしれませんが今となっては懐かしい思い出に?
私も、結構恥ずかしい思い出たくさんありますよΣ

他のSSも面白いのがあればまたブログのネタにしようと思います。こうご期待!?(ぇ

2007/06/25 (Mon) 01:36 | ぷく #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

Unknown

まだギルドも無かった頃 名前が長すぎて
PT入っても自分だけメンバーからHPバー見えなかったり
アンゼが掛からなかったり そんな時代に産まれました(゚ω゚)


>SCが全部雷魔法とか
同じく雷魔法スキーだったから最初はLBとTSオンリーだった (・∀・)
伊豆Dの存在を知らずひたすらフェイ森のスポア狩続けたなぁ…
グラを初めてROに誘った日
調子に乗ってTSをポリンの大群にぶち込んで倒しきれず
フルボッコされた恥ずかしい思い出g

今のPCにもうデータ残ってないから
こういう記録が残っての、とても羨ましい(´ρ`)
他のもみたいなー。

>えぇ・・・僕は知らずにStr振ってましたぜ(;゚A゚)
それなんて俺wwww
マジシャンなのにAGIあるよぉぉSTRあるよぉぉぉ

2007/06/24 (Sun) 14:21 | 幽霊 #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

でこりんさん

筋肉を使っていたとしてもLv40まで上げたのはすごいですよ!さすが、根気のでこりんさん!

過剰警戒わかりますw
どうしても、最初に倒されるとこの敵は強い!みたいな認識が(笑)
今となってはカタツムリとかハエとかウルフとか強いと思いませんが、懐かしき時代ですねw

2007/06/24 (Sun) 01:24 | ぷく #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

Unknown

>アーチャーはDEXが必要

えぇ・・・僕は知らずにStr振ってましたぜ(;゚A゚)
初代が筋肉アーチャー・・・ベース40位まで弓ダメ低いのに使ってた時代が懐かしいよね!!w

僕もウルフに喧嘩売って殺された後はものすごい過剰警戒していたかな・・・懐かしい(´ω`)

2007/06/23 (Sat) 06:27 | でこりん #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。